受動的だが募金した

Twitterで同僚・元同僚の方々が被災地に向けて何か出来ないか、行動を起こしていたので僕もそれに影響されて募金をしました。
と、言っても大手(?)の募金先は軒並みサーバーが落ちてたり、今回の地震の被災地向けの募金がまだ受け付けられていないようだったので、取り急ぎ国境なき医師団の定期募金に参加しておきました。(Twitterのタイムラインに流れてきた)
落ちているサイトが復活したら順次、国境なき医師団の「今回の寄付」や日本赤十字社や復興支援の募金に参加しようかと考えています。

国連が日本は支援大国なので今回の地震に対して全力で支援をするというコメントを発表したとか?(Twitter情報・ソース未確認)
今までほぼ自分のためだけにお金を使って生きてきたので、小額ですが世界中の困っている人の助けになればいいかなと思いました。クレジットカードで毎月勝手に引き落とされるので意識せずに募金が出来るというのも良いところなのではないかなと思います。

僕は血が苦手で献血にかなり抵抗があるので募金を選びましたが、救助活動でかなりの量の血液が必要になることが予想されますので献血も積極的にした方が良いようです。
ただ、血液は使用期限が3週間と決まっているらしく、今日明日とみんなが献血に殺到しても廃棄処分せざるを得なくなるかもしれないようです。(Twitter情報・ソース未確認)
なので、献血をする気があるけど、まだ行っていない方は慌てて行かず、少し日を開けてから行った方が良いのかもしれません。

全体的に言えることは僕たちが善かれと思ってやることでも、相手が望まないタイミングで行ってしまうと、迷惑行為になってしまうことです。
僕の住んでいる地域がほとんど影響を受けなかったからこういう考え方になってしまっているのかもしれませんが、こういうときこそ慌てず、状況を見極めて行動するのが大切ではないかと思いました。
(と言いつつ、未確認情報を2つほど織り交ぜているのですが…)

fladdictさんのしない善よりする偽善という言葉が胸に刺さっています。
自分もたいした行動は起こせていませんが、このブログを見て微力ながら自分も何かしてみようと思う方が現れると嬉しいです。

カーネルバフェに行ってきました(4度目)

このブログの人気コンテンツの1つのカーネルバフェネタです!
まずはカーネルバフェについておさらい。

今回は会社の同僚二人と一緒に来ました。
彼らも満足してくれるか…それだけが心配でしたが、3人とも7ピースずつ食べたので、満足してくれたと判断していいでしょう。

集合場所までの道のりからTwitterで中継していたのですが、それを見た会社の同僚and元同僚が色々反応をくださり、道中写真を撮ったりそっちの意味でも盛り上がりながら最寄り駅から約1kmの距離を歩きました。

そして10分くらい歩いてケンタッキーフライドチキン小野原店に到着。
店の前に若者の団体があふれていたのでどれだけ待っている人がいるのかとビクビクしましたが、自分たちの前には2組しかいませんでした。
でも、よくよく見てみると自分たちの前の人たちは10人の団体さんだったので、もうちょっと早くくれば良かったかと少し悔やみました。

店内で待っている人は少なかったので、椅子に座りながら待っていたら店員が「現在満席ですので外のテラス席でよければすぐにご案内できます」と仰っていた。
僕たちはせっかくのホクホクチキンが冷めるので、こんな風がキツい日に誰が外で食べるかと言っていたのですが、10名の団体さんは待ちきれなかったようでテラスで食べることにしたようです…。

食べてる最中はUstreamで中継などして非常に楽しく食事出来ました。
3人で行きましたけどUstを視聴していた8人の方も一緒に食べてたかのような気分になりました(嘘)
ただ、そのおかげでiPhoneが油でべとべとになりましたが……。

以下、本日の様子です。


できたてホクホクアツアツのチキンをみんな7ピース食べました。
食べ過ぎてお腹が破裂してしまいそうなほどに…
大阪近辺に住んでてケンタッキーが好きな人は是非行くことをお勧めします!
僕はパラダイスと思っています。。。

『日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方』を読んだ

出版前から気になっていた『日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方』をようやく購入し、読み終わりました。
水曜日の会社帰りに購入して読みましたが、読みやすさと自分にとって刺激的な内容だったこともあり、その日のうちに読み終わりました。

本書に書いてある内容はEC Studioのサイトや取材を受けたメディアのインタビューなどに掲載されているので表層部分は知っていました。
本書にはどのような経緯と意図があって、どのような効果が出たということも書いてあり大変楽しみながら読めました。

第1章は「社員第一主義」の非常識な働き方と題されて、EC Studioの”非常識”な会社の方針が書かれています。
そもそも”一般的な凝り固まった常識”に囚われた考え方をしてしまうと、会社が「社員第一主義」という時点で非常識!と思ってしまいますが、「社員が満足していない会社は顧客を満足させることはできない」という考えのもとに会社の経営が行われているようです。
働く側としては、やりがいを感じ楽しみながら仕事をしたほうが心にもゆとりができるので、結果的にお客さんへの対応や成果物の質を少しでも上げようと努力することが出来るようになるのではないかと思い、共感しました。
その他にも、会社としてすることではなくしないことを決めた「しないこと14カ条」など、なるほどと感心させらるとともに共感できる考えのもとに会社を運営しているということがわかりました。

第2章は社員満足度がアップする非常識な制度について書いてあります。
ランチトーク制度に始まり全部で10個の制度が紹介されています。
内容を読むと、社員のやる気をアップさせる非常識な制度と言えるなと思いました。
個人的に気になっていたiPhone支給制度は会社からiPhoneを支給するのではなく、個人で契約して自分のiPhoneとして使えて、費用を負担してくれる制度とわかり非常に羨ましく思いました。

第3章以降は経営に関する内容で、簡単に言うと効率化とその仕組みづくりについて書かれています。
この内容は今、自分が働いている会社でも使えそうだなと思う内容がいくつか書かれていました。
ただ、インタビューなどでもお話しされていましたが、この本に書かれている内容をそのまま各々の会社に当てはめても簡単に好転するわけでもないだろうと思いました。
現在、EC Studioがうまいことまわって、2年連続社員満足度日本一になったのは最初の失敗があり、そこから挽回して、その中で積み上げられたノウハウなどが根底にあるからではないかと思います。
自分たちが今現在働いている会社に適用するには一工夫と試行錯誤が必要だと感じました。
そういう意味でも失敗し、プライドを捨て去って先輩経営者に教えを請いに回り、見事に会社を復活させた山本社長が凄いなと感じました。

アマゾンの評価で星1つと2つの人の書評を読みましたが、自分は的外れだなと感じました。
確かに社員第一主義を掲げていますが、社員の満足を追求してお客さんを蔑ろにしているわけではなく、「社員が満足→お客様が満足」という考えがあり、実際に多くの顧客を抱えているようなのでEC Studioのサービスについてお客さんも満足している証拠なのでは無いでしょうか。
また、企業の社会貢献について疑問視するコメントもありましたが、IT経営のノウハウを出し惜しみせず伝えること、その中で自社開発をしたものを無料で提供していることが社会貢献に繋がっていると思います。

元々興味があった会社で、まあ本には良いことばかり書いてあったので影響されたのですかね。
上記2件の書評はちゃんと内容を読んでいないのとITについて全く理解がない人が書いたのだと思いました。
個人的には凄く面白い本でした。EC Studioについて興味がある人、ITを使って会社を改善したいと少しでも考えている人には少なからずヒントになることが書いてあると思います。

価格の1400円の意図はEC Studioのいーしー(14)が由来だそうです。
本の中にも出てきますが、数字が絡むと大抵1と4が出てきます。そこらへんのこだわりもみれて面白いですよ。
おすすめの本です。

Football Managerファンサイトをリニューアル

Manager Lifeのキャプチャ
Manager Life

前回の投稿でとりあげた、Football Managerシリーズのファンサイトをリニューアルしました。
IEで一切確認していないのでIE6あたりでは崩れているかもしれませんがご容赦ください。
シンプル志向なのでトップページ含めてもの凄くシンプルな構成になっていますが、もう少しコンテンツが増えた場合はトップページの構成も変えようと思います。
ポケモンの攻略サイトをチラッとみたら割とごちゃごちゃしてて、そちらのほうが適しているのではないかなーと思いました。

Football Managerファンの方で、情報提供など何かネタがありましたらお待ちしております!!

clearfixについて

今まで自分はfloatのクリアをする場合、一般的なclearfixのコードの冗長さが嫌いで、overflow: hiddenすることが多かったのですが、それでは印刷する場合に不具合が出たり、要素をボックスの外にはみ出させたい場合にはみ出した部分が表示されなくなってしまう不都合が生じるので、最適な方法は何かと考えていました。

以前から知ってはいましたが、冗長なコードとそもそもclass=”clearfix”自体が好みではなかったので、知識として把握していただけだった現在のブラウザ事情に最適化されたclearfixを採用することにしました。

一般的な前時代的なclearfixは以下のように冗長でちょっと気持ちの悪いコードです。
(注:下記以外にも違う書き方はあります)

.clearfix:after {
  content: ".";
  display: block;
  clear: both;
  height: 0;
  visibility: hidden;
}
.clearfix {
  min-height: 1px;
}
* html .clearfix {
  height: 1px;
  /*¥*//*/
  height: auto;
  overflow: hidden;
  /**/
}

前時代的なclearfixは古すぎるブラウザ(ネスケやIE6未満のもの)も対象にしているせいでこんなに冗長になっています。IE6以降とモダンブラウザのみに対象を絞れば以下の簡潔なコード(ハック含む)で済むようです。

element{ /zoom : 1; }
element:after{ content : ''; display : block; clear : both; height:0; }

引用元:いまどき ? いまさら ? clear fix のコード | ヨモツネット

詳しい解説は引用元を参照してください。引用なので原文のままにしており、前時代的なものとはクラス名が違うことにご注意ください。
上記のコードでIE6以降のブラウザやモダンブラウザはカバー出来ていますのでこのコードで十分です。
現時点では一番リスクが少ない方法と言えるかなと思います。

とはいえ、モダンなclearfixでもハックを使っているように、完璧なclearfixの仕方というのは現状存在しないので、clearfixを使うか、overflow:hiddenを使うかは好みの問題と言えそうです。
overflow:hiddenはclearfix以外にもコーディングのディティールに関する問題で使い勝手のいい働きをしてくれるので、割と好みですし、使い時さえ間違わなければclearfixの代替方法として使えると思っています。

clearfixの方法の一つとしてメモを残しておきます。

Football Manager 2011を購入

Football Manager 2011 (輸入版)
先日、”最高”のサッカー監督シミュレーションゲームのFootball Manager 2011を購入しました。
Football Managerとは何かわからない方は置いてけぼりをくらうのですが、興味がある方は公式サイト(英語)を参照してください。
今回は購入してからMacのSteamを用いて、快適に遊ぶまでのセットアップ方法を残します。(Steamはインストールされていることを前提に書きます)
続きを読む

初のサッカー専用スタジアムでのサッカー観戦

2010年のJリーグ最終節のセレッソ大阪対ジュビロ磐田の試合を大阪の長居公園の中にあるキンチョウスタジアム(長居球技場)に観戦に行ってきました。
Jリーグの観戦は3月のセレッソのホーム開幕戦だったガンバ大阪との大阪ダービー以来、今年2度目でした。

3月に観戦した時は下位で苦しむのではないだろうかと思わせるような試合運びでしたが、最終節を前にした順位は2位と勝ち点1差の4位。
Jリーグの上位3位までがアジアチャンピオンズリーグ(通称ACL)に出場出来るので最終節は熱い試合になりそうな気がしたので行ってきました。

キンチョウスタジアム前

セレッソは現在ドイツのドルトムントで大活躍中の香川が今年の前半まで所属していたチームで、香川が抜けてどうなるか…という心配が合ったのですが、
監督を中心に補強などチーム作りが成功して良いサッカー(≒攻撃サッカー)をして上位に食い込んできてました。
特に乾、家長、清武の攻撃的なMFの3人は技術もセンスも高いので変幻自在のポジショニングで多彩な攻撃を生み出して上位躍進の中心的活躍をしています。

キンチョウスタジアムは以前からあった長居球技場を改修して作られたスタジアムなので近代的な施設とはほど遠く、ガンバのホームスタジアムの万博記念陸上競技場を
思わせるような施設です。
内部的にはお世辞にも良いスタジアムとは言えないと思いましたが、こじんまりしたサッカースタジアムは熱狂が伝わってきて素晴らしい環境だな、と思いました。
今年の夏までセレッソがホームスタジアムとして使っていた長居陸上競技場(長居スタジアム)は5万人ほど収容出来るのですが、セレッソファンはあまり多くないので、
半分も埋まることはほとんどありませんでした。(この日の観客動員数は15011人、キンチョウスタジアムの収容人数は20500人だが満員に思えた)
同じ人数を動員してもガラガラと満員では熱気と盛り上がり感が違います。
今まではセレッソの試合=寒いというイメージでしたが、この試合(キンチョウスタジアムに移転してから)は間違いなく熱かったです。
それは成績にも現れていて8月の移転以降ホームのリーグ戦は6勝2分の無敗で終えました。
結果を先にいうとこの日は6-2でセレッソが勝ち、アドリアーノが4得点決めたこともあり大盛り上がりでした。
こじんまりとしすぎてスタジアムの7割くらいがセレッソファンという感じで、セレッソのためのスタジアムという雰囲気になってたのが面白かったです。
逆に、落ち着いてゆっくりと観戦したい場合はあまりむかないかも。

試合前

試合は先ほど書いた通り、6-2でセレッソが勝ちました。
前半にアドリアーノが2点とり、後半はジュビロに2点返されましたが、セレッソがさらに4点を重ねて圧勝でした。
セレッソのゴールが決まるごとにお祭り騒ぎみたいになり、凄く良い雰囲気でした。
乾はあまり出来がよくありませんでしたが、アドリアーノの1点目のアシストはさすがという感じでした。(ループパスのワンツー)
アドリアーノのスピード、家長のフィジカル、清武のボールコントロールとセンス、、などなど選手個々のプレーも素晴らしかったです。
もう1点嬉しかったのはジュビロの前田がこの試合でゴールを決めて2シーズン連続得点王に輝いたことです。
実力はあるのに代表にほとんど縁のない前田がJリーグで初の2シーズン連続得点王に輝いて嬉しく思います。

試合後

試合終了後、ACL出場権を争っていた2位の鹿島が引き分けたとの一報が入り、スタジアムが湧きました。
これで、最終順位が1位名古屋、2位ガンバ大阪、3位セレッソ大阪となり、大阪の2チームがACL出場権を獲得し、ご近所の神戸が大逆転で残留を決めました。

関西は阪神の存在がある以上、野球人気には勝てそうにないですが、観に行った時に感動出来て、サッカーを好きになったらなかなか離れていかないような
環境づくりをしていかなければならないと思いました
そういう意味でも現在関西ナンバー1チームのガンバ大阪のサッカー専用スタジアム化は必須だと思います。出来れば大阪市内にスタジアムができればいいのですが、
ホームタウンは吹田市、茨木市、高槻市なので無理なのが残念です。

関西に限らず、スタジアムをサッカー専用化することでサッカー人気の底上げが出来ると思うので、是非是非そういう流れになってほしいなと思いました。

サブドメイン運用のGoogle XML Sitemapsプラグインのマルチサイト対応方法

このサイトをWordPress 3.0にアップグレードし、このブログを作って以来悩み続けていた問題がようやく解決しました。
解決したので、今後この情報を探すことはないでしょうが、念のため備忘録として残します。

参考サイトと大まかな手順は以下の通りです。

  1. プラグインを編集
  2. .htaccessにrewrite ruleを記述
  3. プラグインを有効にして、xmlファイルのありかを指定

プラグインを編集

Google XML Sitemapsはデフォルトでマルチサイトをサポートしていないので、WPをマルチサイト運用するとエラーメッセージが出力されますので、これを消すことから始めます。

対象のコードはwp-content/plugins/google-sitemap-generator/sitemap.phpの53行目あたりにあるので、その部分をまるっとコメントアウトします。


//Check for 3.0 multisite, NOT supported yet!
//if((defined('WP_ALLOW_MULTISITE') && WP_ALLOW_MULTISITE) || (function_exists('is_multisite') && is_multisite())) {
//if(function_exists('is_super_admin') && is_super_admin()) {
//add_action('admin_notices',  array('GoogleSitemapGeneratorLoader', 'AddMultisiteWarning'));
//}	
//return;
//}

.htaccessにrewrite ruleを記述


RewriteRule ^sitemap.xml sitemap-%{SERVER_NAME}.xml [L]
RewriteRule ^sitemap.xml.gz sitemap-%{SERVER_NAME}.xml.gz [L]

プラグインを有効にして、xmlファイルのありかを指定

プラグインを有効にし、設定画面からサイトマップファイルの生成先とサイトマップファイルの完全なURLを指定します。
参考サイトの例では手動配置していますが、自動配置の場合でもsitemap-(サブドメイン).xmlを入力してやれば問題なく配置してくれるようです。(Core Serverの場合)

Google XML Sitemapsの設定例

後はブラウザで表示されるか確認し、Googleウェブマスターツールに登録すれば全て完了です。

チェルシーファンサイトをリニューアル

Blue dayのサイトのキャプチャ

MODxで作っていたチェルシーファンサイトをMODx+HTML5+CSS3でリニューアルしました。
HTML5とCSS3はIE6などの古いブラウザは対応していませんが、擬似的に対応させられるJavaScriptがあるので、そこまで酷く崩れていることはないと思います。
ただ、表の縞縞の色とかチェルシー部分の色とか若干表現で来ていない部分もあることを確認しています。
IE6はもう9年前の腐った牛乳と言われているブラウザなので基本的にエラーを修正する気はありませんが、気が向いたら修正します。

基本的なデザインはほとんど一緒で正直何が変わったのかわからないつまらないサイトですが、今後もチェルシーデータを拡充して行く予定なので、興味のある方はご覧あれ。
更新情報を現在のデザインの右下に掲載しておきます。

更新情報のフィードもありますので、RSSリーダーをご使用の方は登録してくださるとありがたいです。